• お買い物
  • 伊吹島といりこ
  • いりこレシピ
  • お客様の声
  • 業者様へ
  • よくある質問

カテゴリーから選ぶ

  • いりこ・ちりめん
  • 瀬戸内海の海産珍味
  • 詰め合わせ
  • 乾物
  • 海産物
  • その他(わけあり商品など)

ご注文フォーム

お問い合わせ

お買い物に関する表記

お支払い方法(送料・振込について)

特定商取引法に基づく表記

業者様へ

スタッフブログ

お客様の声 詳しく見る

よくある質問

いりこレシピ 詳しく見る

伊吹いりこが選ばれる理由

伊吹島といりこ

HOME > 伊吹島といりこ

海からの恵み 伊吹島といりこおいしいいりこができるまで

ダイブンは、いりこ(煮干)の生産で有名な香川県の伊吹島を眼前に望む、観音寺の煮干共販指定商社です。 確かな目とこだわりを持ち、旬の新鮮な原魚を確保し、年間を通じて安定した品質のいりこ(煮干)・ちりめんをはじめ、安心、安全な海産物・乾物をお届けいたします。 観音寺の西方の沖合い約10kmに位置する伊吹島は、人口約800人の小さくて、静かな島です。しかし、6月から9月までは、住民の半数以上がいりこ作りに関わり、島を囲むようにある加工場は、いりこ作りで活気にあふれます。

全国的に『いりこの島』として知られています。 島の周囲に広がる燧灘(ひうちなだ)は、カタクチイワシの豊かな漁場です。このあたりは水深が浅く流れも緩やかなため、イワシの骨や身が柔らかいのが特徴です。
そのためいりこにしたときに水が浸透しやすく、出汁の出がよいと言われています。さらに伊吹いりこのうまさの秘密は、鮮度を第一に考えている事です。他の産地では漁と加工が分業になっていますが、伊吹島では漁から加工まで一貫して素早く行います。
水揚げから茹で上がるまで、わずか30分以内で乾燥機へかけます。イワシは生でも鮮度が大事ですが、煮干に加工するとさらに酸化が進むため、通常は酸化防止剤等の添加物を使用します。しかし伊吹いりこは、昔からそれらを一切使用しないで仕上げます。

お買い物はこちら

イワシの成長図

※いりこはイワシの成長により呼び名も変わり、水揚げ時期も違います。

イワシの成長図

煮干・イワシには多くのカルシウムが含まれ、歯と骨を丈夫にします。
まるかじりして、よくかんで食べましょう!!

※香川県での平年の水揚げ時期です。
※その年の気象状況により変わります。

“伊吹いりこ”独自の「一貫生産加工」工程

「伊吹いりこ」の最大の特徴は漁場と加工場が非常に近く、漁獲から加工まで網元が一貫して生産することです。

00

「讃岐うどん」が皆様に支持されているのも、
この「煮干いりこ」がしっかり味を支えているからなのです。

おいしいいりこができるまで伊吹島といりこ

STEP1

いりこに向くイワシは脂がのっていない夏場のもの。脂があると酸化しやすいので、変色したり味が落ちたりするのです。

そのため、伊吹島では、6月中旬から9月までのわずかな期間に限定して漁を行い、高品質のいりこにこだわっています。

漁は、「パッチ網漁」という方法で行います。二艘の網船が息を合わせて、大きな魚やイワシを逃がしながら少しずつ丁寧に獲ることで、魚が擦れて鮮度が落ちるのを防いでいます。

夏がいりこの最盛期
朝5時半に一斉に漁場へ向かいます

300メートルの網を優しく引き上げます

STEP2

カタクチイワシは水揚げ後にどんどん鮮度が落ち、旨み成分のイノシン酸が分解されてしまうので、いかに時間をかけずに加工するかが最も重要になります。

漁場から加工場までは、時速30ノットの輸送船で運び、魚をフィッシュポンプで吸い上げ、海水で一気に茹で上げます。こうすることで、旨みの詰まったおいしいいりこになるのです。

新鮮なものを一気に加工、素早く茹でます

茹で上がり次第、自動で次々と乾燥機へ

STEP3

丁寧に水揚げされ、新鮮なまま加工されたいりこは、ウロコも皮もそのままできあがります。

茹でる工程で形が崩れず、旨みが煮汁に流れ出てないため、天然の魚の旨みが凝縮されています。

大きさ等で選別(異物除去)した後、箱詰めします。

ちりめん、かえり、小煮干も、いりこ同様に旨みがぎっしりと詰まっています。

旨みの詰まったいりこ

ひと味違うちりめん

STEP4

こうしてできあがったいりこは、漁期の期間、毎週に3回入札のため島から運びこまれます(1日:5,000ケース〜、多いときは10,000ケース以上)。落札後は、全国に出荷されます。

すぐに出荷しないいりこについては、マイナス20度の冷凍庫で保管し、随時出庫します。皆様にご満足いただけるよう、出荷前にもう一度確認してからお届けします。

島から船で積み上げ

積み上げられた商品

STEP5

漁期の期間中にもカタクチイワシは成長し、魚質も変わるため、いりこの仕上がりに差がでてきます。入札会場では、毎回違う魚質を見極め、それぞれの用途、お得意様に合うものを一品一品確認しながら商品確保に努めています。

入札風景

確かな目とこだわりで見極めます

お客様に安心と安全を

安心で安全ないりこをお届けするための弊社のこだわり 昔から、地元(燧灘/ひうちなだ)はおいしい小魚に恵まれ、水産加工が盛んな土地です。ダイブンでは、「豊かな自然の恵み」にこだわり、酸化防止剤などを一切使用せず、完全無添加でおいしい伊吹産のいりこ(煮干)・ちりめんを皆様に紹介しています。
最近の「安全・安心」を求めるお客様の声にお応えすべく、ダイブンでは、自主的にかつ定期的に原料のいりこ(煮干)・ちりめんを細菌検査(一般生菌・大腸菌群・黄色ブドウ球菌、他)に出し、その結果をお得意先へ報告しています。

お買い物はこちら

ページのトップへ